西内まりやが谷間を露出しながら渋谷を闊歩。